まちの紹介

群馬の土地分譲「板倉ニュータウン」の公園計画詳細

マスタープラン
街の中心に大きく広がるふたつの池と公園。板倉ニュータウンの大きな特徴です。
水と共に歩んできた板倉の歴史を象徴するように、親水公園となっています。
ふたつの池は、218ヘクタールという大きなニュータウンの調節池の役割を果たしています。

住宅地内には、それぞれ街区公園が配置され、住民の憩いの場となっています。
公園計画
 
ふれあい公園(朝日野地区)
ふれあい公園写真1
ふれあい公園写真2
ふれあい公園写真3
都市と自然の融合した”街”をシンボライズし、その顔となる公園です。
「賑わいと出会いにみちた水辺空間」をテーマに都市的な水辺空間を演出します。
また、公園内には池の上に張り出したウォーターステージを設置。様々なイベントやアトラクションが可能です。
いずみの公園(泉野地区)
いずみの公園写真1
いずみの公園写真2
いずみの公園写真3
自然とのふれあい、共生の場として、豊かな感性を育むアメニティの高い空間です。
「やすらぎと自然にあふれた水辺空間」をテーマに、田園的な水辺空間を演出します。
街区公園
ふれあい公園写真1
ふれあい公園写真2
ふれあい公園写真3
住宅地内に点在する、住民の憩いの場となる公園です。半径250メートルに一か所の割合で設置されます。街区公園は、ふれあい公園にいずみの公園を中心に、コミュニティ通路、歩行者専用道路で結ばれ、緑のネットワークを形成しています。
ページトップ