ホーム > まちの紹介 > マスタープラン
まちの紹介

群馬県の運営する板倉ニュータウンでは「職・住・学・遊」機能を備えた総合的なまちづくりをテーマに土地利用を図っています

マスタープラン
「職・住・学・遊」機能を備えた総合的なまちづくりをテーマに水と緑の豊かな学園都市の形式を図るため、水辺公園を中心とした土地利用を図っています。

通路や公園などの公共施設用地は、全体の3割以上を占め、ゆとりある街となっています
安心して快適に暮らせるまちづくり
 
平地条件を活かした街全体のバリヤフリー化や、曲線道路、バンプを多用し、自動車の速度が出過ぎないような工夫を施しています。
二つの大きな公園、たっぷり広いシンボル道路、コモンスペース(広場)や街区公園など、公共スペースが十分に配置され、快適な暮らしを支える環境が整備されています。
一部の地区では、電柱類を地下に埋設しています。また、電柱のある地区についても、美化電柱を設置し、出来る限り電線が道路を横切らないように工夫しています。
地区計画により、区画境界線から建物の壁面まで1メートル以上離さなければなりません。こうした空間が、生活の、心のゆとりにつながります。
ページトップ